スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化するシュラフ

2008年08月20日 12:30

最近は、シュラフ(寝袋)も、いろんなメーカーで、いろんな種類のものがあって、値段もピンキリ・・・

我が家でもいろんなシュラフを使ってます



これは、キャンプに行きだした頃、使っていたコールマンのシュラフ

厚みがあり、お布団みたいで、冬は暖かい感じもしますが、湿気がこもります

たたんで丸めても、この大きさで重たい・・・
今は全く使ってません

IMG_2529.jpg




そして、赤色のが現在メインで使っている、スノーピークのシュラフ
羽毛が入ってるので、こんなにコンパクトに収納することができます。
さすがに、値段は21,000円と高いですけど

軽いのに保温性に優れています。使用可能温度は3℃~です。

IMG_2530.jpg




青色のが最近、夏用にと・・・良さそうなシュラフがあったので、購入したものです
こ~んなに小さくなっちゃいました
値段は2980円だったのが、セールで1980円でGET
バッグにもスポッと入っちゃう大きさです

IMG_2532.jpg


缶と比べてもこんな感じ
マイクロELファイバーというもので、通気性、保温性、撥水性にも優れているらしいです。
こちらは12℃~です。
今年の北海道の夏は、あっという間に終わってしまい使ったのは2回だけ・・・

もう夜は寒いので、次回のキャンプからは、スノーピークのシュラフを持っていくことになりますが(笑)

IMG_2534.jpg



ブログランキングに参加中です 
ポチッとクリック応援お願いいたします⇒⇒banner2.gif

シングルバーナー

2008年08月08日 18:43

明日はお天気も良さそうなので、久々のキャンプに行けそうです

行く場所はこれから検討です


我が家に新しいキャンプ道具が加わりました 

IMG_2464.jpg



新しいとは言っても、父親の持っていたもので、今は違うものを使ってるからと、もらっちゃいました

相当、年期が入っていて汚れてたので、今日ゴシゴシ磨いたら少し綺麗になりました


これは、イワタニのプリムス2243というバーナーで、ロングセラー商品みたいで、火力もあるみたいです。


で、ガス缶を同じメーカーで買い揃えました。

IMG_2470.jpg


明日のキャンプで早速使いま~す

ちょっと、お湯だけ沸かしたいときとかに、とっても便利

買おうと思っていたシングルバーナーを、貰えてホントにラッキーでした

父上様に感謝



ブログランキングに参加中です 
ポチッとクリック応援お願いいたします⇒⇒banner2.gif

アウトドアの必需品?!ダッチオーブン♪

2008年07月28日 18:55

まだキャンプで作ったことのなかったピザをダッチオーブンで試してみました

ダッチオーブンはIH使用可能なのです

我が家のダッチオーブンはユニフレームの10インチ。
何をするにもいい大きさです

IMG_2374.jpg


ピザ生地は市販のものを使い、トマト・玉ねぎ・ピーマン・ソーセージをトッピング

それにミックスチーズ・パルメザンチーズ・バジルソースをかけて、余熱しておいたダッチにセット。

ダッチの中は専用スタンドと網を敷き、その上にトッピングをしたピザを・・・

徐々にグツグツという音が・・・

途中フタを空け、確認。

IMG_2372.jpg


う~ん、いい匂い


生地はサックリ、具はジューシーに出来上がりました

IMG_2376.jpg


本当は、豆炭なんかをフタの上に乗せて上からも熱を与えれば、ベストなんだけど、家の中で炭はちょっと抵抗があるかも~

今度は、アウトドアでチャレンジしてみようと思いま~す



ここでダッチオーブンの歴史を紹介・・・

19世紀アメリカの西部開拓時代からカウボーイたちに愛されてきたダッチオーブン。
もともと家の中で使われてきた鍋に、野外でも使いやすいように脚をつけたり、フタに縁をつけたりと工夫され進化したものです。

長く厳しい旅を続けるカウボーイ達にとって、ダッチオーブンは欠かすことの出来ない道具でした。
焚火のおきに置いて仕事に出かけ、夕方彼らが戻ってくる頃には暖かい料理が出来上がってます。
その料理の美味しさから、アメリカでは、ガスオーブンが普及するまで家庭でも広く使われていたそうです。

ダッチオーブンという名前の由来には色々な説がありますが、ダッチ=オランダ人ということから、オランダ人が、この鍋を売り歩いていたという説が一般的なようです。



 ブログランキングに参加中です 
ポチッとクリック応援お願いいたします⇒⇒banner2.gif

我が家のキャンプ道具 その4

2008年07月08日 22:00

我が家のキャンプ道具、第4弾です



テントの中でも快適

スノーピーク(snow peak) インフレータブルマットキャンピングLX2.5

丸めてたマットを広げ、2つのバブルを開けておくと、自然に膨らんできます。
あとは、マットの収納袋の底についているエアー注入バルブをマットのバルブに押し込み袋を丸めながら空気を入れていくとバッチリ

厚みは2.5cm。 体が底につく感じは全くなく、安眠できます
サイドにマジックテープが付いているのでジョイントできます。

IMG_1805.jpg



シュラフは、スノーピークのセパレートオフトン600

ウォッシャブルダウンです

枕は、ホームセンターで買った家庭用の枕を使ってます
アウトドア用はコンパクトだけど寝づらくて・・・

IMG_1807.jpg



この、コールマンのバッグには、洗剤とか、ボウルなどを入れてます。

IMG_1987.jpg



スノーピークのマルチコンテナMです。
とても丈夫な作りで、ペグやハンマーなど入れてます
このカラーは、今年から変わってしまいました。。。

IMG_1993.jpg


IMG_1994.jpg





スノーピーク(snow peak) ドッグアンカー50
ワンちゃん連れのキャンプには必需品です

IMG_1996.jpg





このコールマンのケースには、食器類を入れて使ってます

IMG_1990.jpg


2段になってて、上段には、お椀、カップ、深皿、小鉢などを入れてます。
フタにポケットも付いてて便利です
写真で見えてる小さなタッパには、"つまようじ”が入ってます

IMG_1991.jpg


下の段にはお皿を入れて使ってます。
このバッグは使いやすくオススメですよ
Coleman(コールマン) テーブルウェアセットケース


IMG_1992.jpg




そしてこれは、サーモスのソフトクーラーなんですが、お鍋セット・ケトル・まな板・包丁セット・キッチンツールなど、前のポケットにはゴミ袋を入れてます。
大きさもベスト

IMG_1989.jpg



我が家のキャンプ道具もだいたいこんなところです
少しでも皆様のご参考になればいいな~と思います


  ブログランキングに参加中です 
ポチッとクリック応援お願いいたします⇒⇒banner2.gif

我が家のキャンプ道具 その3

2008年07月03日 19:25

今日は朝から、お外はドンヨリ  なまぬる~い風・・・

どうして、週末が近づいてくると、こうお天気悪くなっちゃうんでしょう



さてさて、我が家のキャンプ道具お披露目も3回目になりました


メインのスノーピークのテーブルです。
天板は真ん中で折れて、足もワンタッチで開閉するので、設置も運ぶのも楽チンです

IMG_1889.jpg



こちらは、キッチンテーブル。。。
足はアジャスター付で、どんなに斜めのところでも水平を保てます。
2段になっているラックも便利

IMG_1883.jpg




コールマンの水切りメッシュラックです。
これは使っている方が多いと思います

IMG_1797.jpg



そして、私の大のお気に入りが・・・

このゴミ箱。  正式名は、『ガビングスタンド』と言います。
分別できるフックがついてて、そこに袋をセットします。

そして、横のバーにキッチンペーパーをつけておくと、なにかと便利です!
帰りは、この袋ごと、上部をクルクル巻いてマジックテープ(赤い線のところ)でとめて持って帰ってこれるので、汁漏れの心配もナシ

オススメの一品です

IMG_1799.jpg



ウォータータンクと、その下には防水のパックシンクを置いて使っています。
このシンクは、洗い物の食器などを炊事場まで持っていくのに便利です。
もちろんコンパクトに折りたたみも出来ます。

IMG_1884.jpg



またまた次回へ続きます・・・


     ブログランキングに参加中です 
ポチッとクリック応援お願いいたします⇒⇒banner2.gif


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。